2008年05月27日

祖父のそば屋

田舎に住む祖父は

一人で小さなそば屋を営んでいる。

もう、けっこうな年齢だし、

最近では肩に加えて

腰までも悪くし、

家族たちをいつも心配させている。

いくら母や親戚が説得しても

祖父はそば屋を辞めようとしないのだ。

昨日の夜、僕の携帯に母から電話があった。

「………ねえ、あなたからもおジイちゃんに頼んで。

 私もいっぱい言ってるのよ。

 お金は心配ないし、

 週一回は顔を出すようにするから、

 これ以上無茶はしないでって。

 あなたはおジイちゃんに可愛がられていたから、

 あなたの言うことだったら、聞くかもしれないし……」

母の声はひどく疲れているようだった。

電話を切ったあと、

僕は祖父との昔の思い出を振り返ってみた。

小学校の運動会の時、

誰よりも大きな声で僕を応援してくれた。

僕は祖父に名前を呼ばれるたびに、

恥ずかしさで顔を真っ赤にしていた。

父が死んだ時、

遺体が火葬場で焼き終わるのを待つ間、

祖父は折り紙の鶴の折り方を

泣き止まない僕に教えてくれた。

右手の指だけをうまくつかって

折り紙を折るその精密な指使いに、

僕はもしかすると

みとれていたかもしれない。

祖父の左の指はあまり動かないのだ。

それは戦争で仲間を助けたときにそうなったらしい。

その他にも祖父は右足に銃弾が二つある。

………僕は煙草を三本吸って、

それから祖父の家に電話をしてみた。

十コール程して、祖父がもしもしと電話にでた。

「あ……◯◯だけど……元気?」

「おう!◯◯か?ワシは元気じゃ!どうした?小遣い欲しいのか?」

「いや、そうじゃなくて……みんな心配してるから……」

そこまで言うと、祖父はそば屋のことだと理解したらしく、

少し不機嫌な声をだした。

「お前もか!ワシには味方はおらんのか?」

僕は一瞬、言葉に詰まってしまったが、

精一杯気持ちを伝えようとした。

「みんなおジイちゃんが心配なんだよ……。

 元気で長生きしてほしいから、

 そう言ってるんだよ。

 僕もおジイちゃんに元気で長生きしてほしいし……」

しばらく祖父は黙っていた。しかし、突然笑いだすとこう言った。

「長生き?充分しとるじゃないか!

 ワシの仲間は戦争でいっぱい死んだ。

 だけどワシは生きてしまった。

 なぜか生き残ってしまった。

 お前のお父さんよりもワシは長く生きてしまった。

 これを長生きと言わんでどうするんじゃ?

 でも言っておくぞ!

 別にワシは早く死にたいわけじゃないぞ!

 ワシはもう開き直っててな、

 どうせなら、

 限界まで生きてやろうと思っとるんじゃ!

 死ぬギリギリまで生きるんじゃ!

 飯喰って、屁えこいて、寝るだけの生活送ったら、

 ワシより先に死んでいったやつらに合わせる顔がないし、

 そんなものを生きとるとは言わん!

 今、目の前にあることをがんばる。

 それ以外に生きるという行為はワシにはないんじゃ!」

ここまで断言されて、僕には返す言葉がなかった。

しばらくして、そんな僕の状況を悟ったのか、

祖父はこう続けた。

「まあ……でも気持ちは受け取っとく。

 ありがとうな。

 そんなに心配せんでも、

 もしもワシがボケたり、

 寝たきりになったりするようなことがあれば、

 お前に一杯世話させてやる。

 その時は頼むぞ。

 それにな、身体がこれ以上きつくなれば、

 その時はきっと自分からそば屋を閉店するわい!

 だってそりゃあ、なあ……

 痛いのは……………つらいからな……」

僕は祖父の銃弾を思い出した。

それから観念して、

仕方なく僕はこう言った。

「……わかったよ。お母さんにはそう言っておくよ。

 でもさ、仕事だけじゃなくてさ。

 趣味とか持つのもいいと思うよ」

僕がそう言い終えると

「趣味?あるぞ」

と祖父は言った。

「何なの?」

と僕が言うと祖父は大きな声でこう言った。

「生きることじゃ!」

…………………………。

電話を切ったあと、

僕はしばらく夜空を眺めていた。

それからふと、

明日からマラソンでもしようかなあ

とか思った。


 

 


posted by kodds at 19:27| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

ハッピーテロリスト

最近、悪いヤツになろうかなと

真剣に考えている。

悪いヤツは異端児だ。

社会をうまく渡れそうだし、

悩みなんてなさそうだし、

なによりも女性にモテそうだ。

異端児。いいねえ。

でも、どうしたら悪いヤツになれるのだろう?

悩んだ結果、パチンコに行ってみた。

とりあえず適当な台に座り、

目の前にお金を入れる所があったので、

入れてみたら隣の台に玉が出てきた。

あせってその玉を自分の所に入れ直し、

赤面しながら早速プレイしてみた。

……………………………。

全く意味がわからなかった……。

イメージとも違うし。

周りにはおじちゃん達が何人かいたが、

一言も発さずに黙々とゲームに打ち込むその様は、

どうみてもワルとも異端児とも言えないものだった。

それから三千円ほど負けたあと、

家に帰ってじっくりと考えてみた。

………最近ではイレズミも珍しくないし、

電車の中で爪を切っているおじさんとかもいるし、

携帯電話で大声で話している若者も少なくないし、

国民から選ばれた代表であるはずなのに

おかしな人もいっぱいいる。

ということは…………

結局、今の時代の異端児とは、

前向きで誠実な人間のことではないだろうか?

そんな結論に辿り着いた。

前向きで誠実。なるほど。

それだったらパチンコよりも僕に向いてそうだ。

…………………………。

そういうわけで、

僕は明日から積極的に電車で席をゆずるぜ。

ゴミが落ちてたら拾うぜ。

徹底的に愛想をよくするぜ。

いろんなブログに誠実にコメントを残すぜ。

みんなで幸せになる方法をいくつも考えるぜ。

世界平和も願っちゃうんだ。

異端児だ。すごい。ハハハ。

おっと、お嬢さん。

きやすく僕に触るとヤケドしちゃうぜ。

なぜなら僕はテロリスト。

ポッケの中は

ハッピー爆弾でいっぱいさ。










posted by kodds at 18:57| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

イチゴ記念日 〜命と感謝と業〜



ベランダに置いてあるプランターから、

小さなイチゴが顔を出していた。

本当に出来るのか?と

半信半疑で始めた園芸だけに、

出来たときの驚きはすごかった。

風を受けて、

それが赤く震えるから、

小さな子供の笑顔にも見えて

愛おしい。

夕方

空が曇りだし、

プランターに雨が降りそそぐ。

僕は心配で

ずっとイチゴを見守っていた。

命が生まれて、

成長するということは

とても自然なことであるし、

とても尊いことだと思った。



せっかく出来たということで、

一つイチゴを食べることにした。

とても可愛いから

食べるのに少しためらったけど、

食べることこそ礼儀だと思った。

白い皿の上にイチゴがのっている。

今、僕の目の前にあるのは、

生まれたての小さな命。

僕は食べるという決心を

口に出してみた。

「キミの命をいただくよ。

 僕の命の一部にするんだ」

この言葉を口にした時、

一瞬、食べるという行為がとても乱暴なものに思えた。

他の命を奪って自分のものに変えるから。

しかし、続いてこう思った。

きっと、人が生きるということは

そういうことに違いない。

だからこそ、

人はいろんなことに感謝する気持ちを

忘れてはいけないのだろうなあ……………と。

僕はそれから目を閉じて、

両手を合わせた。

東京に出て来てけっこう経つが、

その間、一度も口に出さなかった言葉を

大きく口に出した。

…………………………。

「いただきます!」


posted by kodds at 19:54| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

21世紀ドラえもん

オレンジの日が差し込む

涼しい夕暮れ、

窓の外から

豆腐売りのラッパの音が聴こえてきた。

僕は読んでいた本に

しおりをはさんで、

そういえば現在は

もう21世紀だったなあと思った。

現在はドラえもんは22世紀から来たという設定だが、

僕が小さな頃は21世紀から来たという設定だった。

小さな頃、ドラえもんで見た21世紀の街並は、

もっとツルツルでピカピカで

着ている服はピチピチしていた。

車は空を飛ぶし、

悩みは全て解決するし、

ロボットが街中で活躍していた。

窓を開けて外を見てみれば、

小さな川に架かった石橋の上で

豆腐を積んだリヤカーと

ラッパを吹くお兄さんの姿が見えた。

もしも小さな頃の僕が

タイムマシーンで現在に来たら、

きっとこの景色を見て、

「ドラえもんで見た未来と全然ちがう!」

と言うだろう。

「キン肉マンがまだ続いてるし、

 ボンカレーがまだあるし、

 車のワイパーはまだあんな変な動きだし、

 こんなの21世紀じゃない!」

小さな頃の僕が叫ぶ。

「ねえ、だまってないで何か言ってよ!」

小さな頃の僕は聞き分けがないのだ。

…………………わかったよ。

しょうがないね。

いいかい?

確かにキン肉マンは二世になって続いてるし、

ボンカレーはまだあるし、

ワイパーは変な動きだし、

戦争はまだ続いてるし、

貧困はまだ人を苦しめているし、

僕はいまだに何者でもないよ………。

でもね……

「何?」

でも、いまだにドラえもんも続いているんだよ。

「うそ!」

本当だよ。いまだにみんなに愛されているんだ。

確かにドラえもんに描かれてあるような21世紀は来なかったよ。

でもね、21世紀の子供たちも

キミと同じようにドラえもんを読んで、

夢や勇気を手にしているんだ。

それはそれで素敵だと思わない?

「………思う」

じゃあそういうことだよ。

早く帰りな。夕食の時間だよ。

…………………………。

そんなことを想像したあと、

今夜は豆腐をつまみに酒を一杯なんて、

21世紀の大人の僕は思ったりした。



 

 
posted by kodds at 18:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

風にメロディ

友人にバンドのヴォーカルをしているヤツがいる。

そいつはキザでお馬鹿だけど、

歌がうまく、

とてもいいヤツなんだ。

昨日、そんな友人と

久しぶりに一緒に酒を飲んだ。

僕はその友人と一緒に飲めることが嬉しくて、

ずっと笑っていたような気がする。

友人もずっと笑顔だった。

僕は酒を飲みながら、

友達っていいものだなって思ったりした。

さんざん飲んで笑って

その後、酔っぱらいの僕たちは

公園のベンチで少し休むことにした。

夜の公園はとても静かで、

心地良い風が吹いていた。

しばらくすると、

煙草を吸い終えた友人が

遠くの家の明かりを見ながらこう言った。

「実は………オレもうバンド辞めちゃってさ。

 来週の月曜日に、群馬の実家に帰るんだ……」

突然のことに驚いて、

僕はしばらく言葉を失った。

それから少しして、僕はこう言った。

「そうか……まあ………

 キミがいなくなるのは別にかまわないけど、

 キミの作る曲が聞けなくなるのは……

 ちょっと、寂しいかもなあ………」

友人はしばらく黙っていたが、

やがてフフッと笑った。

「オレの歌に……

 時代が追いつけなかったからなあ……。

 まあ、しょうがないよ………。

 でも、お前はオレのファンだから、

 特別にサービスしてやるよ」

そう言い終えると友人は咳払いをし、

風上に身体を向けて、

まるで指揮者が指揮をするように、

右手を大きく優雅に動かしはじめた。

「何やってるの?」

あっけにとられる僕を振り返りながら友人はこう言った。

「風にメロディをかいているんだ」

そして、黙っている僕に友人はこう続けた。

「耳をすましてみろ。聞こえないか?オレの曲が。

 オレは今、風に音符をきざんでいるんだ。

 群馬の風は強い。それはきっと東京まで届く。

 だからオレは約束するよ。

 気持ちいい風が吹くたびに、

 こうして風にオレは曲をかく。

 だからお前は気持ちのいい風を感じるたびに、

 オレを思い出してくれ。

 気持ちのいい風は、

 いつだってオレの新曲だから」

言い終えると友人はニヤリと微笑んだ。

僕は笑った。

「キミは相変わらずお馬鹿だなあ!」

友人も笑った。

やがて風が吹き止み、

僕らの笑い声も止んだ。

遠くで犬の鳴き声が聞こえる。

僕は自分の靴先を見ながら、

「……寂しくなるね」

と言った。

「……そうだな」

と友人が言った。

僕の中には色々な想いが渦巻いていたが、

それを言葉に出来そうになかった。

きっと友人も同じ気持ちなんだろう。

何を喋っても、何も伝わらないような、

そんな時間が過ぎようとしていた。

その時、また気持ちの良い風が僕たちに吹き始めた。

すると友人は、

「よし!」と言って何かを吹っ切るように立ち上がり、

さっきよりも力強く優雅に右手を動かし始めた。

僕はそれを見てまた笑い、

それからこう言った。

「元気でな。お馬鹿な親友よ」

友人はそれに答えず、まだ曲をかいている。

僕は笑いながら

ゆっくりと目を閉じて、

それから風に耳をすました。



 








posted by kodds at 18:04| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

太陽、美容、ダイエット、名声。

雨の降る陰鬱な駅で、

電車の到着を待っている。

こんな日に限ってなかなか電車がこない。

暗い景色の中で僕の心もどんどん暗くなっていく。

こんなことではいけない。

僕は反対側のホームに身体を向けて、

晴れの日をイメージすることにした。

………まず、太陽が照っている。

空も青く澄みわたっている。

遠くからは子供たちの笑い声が聞こえてくる………。

いい調子だ。

心が快活になっていく。

僕はさらにイメージする。

……なぜか僕の身体がみるみる健康になる。

肌もすべすべになり、

少し健康的に痩せた気もする………。

美容と健康やダイエットは現代では男性にとっても大切なもの。

どうせならイメージしておこう。

いい調子だ。

なんだか楽しくなってきた。

僕はさらにイメージする。

……なぜか名声が手に入り、

大金を手にした僕は………。

この時、背後で音がするので、

見てみればちょうど電車の扉がしまっていた。

やばい。調子にのってイメージしていたら、

電車に乗りそこねた。

………欲をだしすぎたんだ。

次の電車が来るまであと10分はある。

あーあ。

結局、他にすることもないので、

僕はまたイメージを始めた。

だけどもう欲はださない。

美容と健康あたりで止めておくつもりだ。

きっとそれくらいが、

一番幸せなんだ。



posted by kodds at 23:21| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

全米はよく泣いていた。

感動する映画が観たいから、

レンタルビデオ店に来ている。

どの映画が泣けるのだろう?

そういえば最近、全米が泣いていない気がする。

数年前まで、全米のヤツは何かというとすぐ泣いていたのに。

まあきっと、全米もいろいろ大変なのだろう。

では、全ての日本人が泣いた映画はないだろうか?

つまり、全日本が泣いたものだ。

全日本?

ダメだ。この言い方だとプロレス団体の人達が泣いたみたいだ。

では、日本中の全ての女子が泣いた映画はないだろうか?

つまり、全日本女子が泣いたものだ。



ダメだ。これだとブル中野やアジャコングが泣いたみたいだ。

……………………。

そんなわけで結局、

全日本プロレスのDVDを借りた。

川田VS天山の試合がおもしろくて、

泣けたからよかった。


posted by kodds at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

電波の赤い糸

ケータイ電話があまりにも鳴らないから、

故障しているのでは?と不安になり、

117に電話を掛けてみる。

問題なく音声は今の時刻を教えてくれた……。

ファミレスで一人で夕食を食べている。

ファミレスのファミは

ファミリーの略だということを

知らないわけではないんだよ。

隣の席にはカップルが

向かい合って座っているけど、

一言も会話を交わさず、

それぞれメールだけを見てる。

なんだ、似たようなものじゃないか。

それはそれで寂しいものさ。

大切なのは人間だ。

ケータイはただの道具だろう。

そんなことを思いながら店を出た。

それから家に帰る途中、

でももしかすると、と考えてみた。

さっきのカップルはもしかして

つき合いたいけれどまだつき合ってはいなくて、

直接告白するのも恥ずかしいから、

メールでしていたのかもしれないな、と………。

もしそうだとしたら、素敵だな。

ケータイ電話も悪くない。

僕はポケットからケータイ電話を取り出してみる。

相変わらずそれはピクリともしなかった。

ちくしょう。

鳴れよ。僕のケータイ電話。

素敵な使い方が今なら出来そうなんだ。









posted by kodds at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

夜に溶ける

小雨が降る夜の道を

僕は目的もなくトボトボ歩いている。

ネオンライトが濡れたアスファルトに反射して、

道路を寂しく光らせていた。

今夜は何故かいつもより静かな気がする。

それともそれは僕の孤独がそう思わせているのか……。

煙草に火をつける。

頼りないその火は夜に飲み込まれてしまいそうでもあり、

あるいはそれは僕の消えゆく存在感を象徴するかのようで、

いつもより慎重に僕はその火を見つめていた。

父の見舞いに母と行って、

もう父は長くないと病院で聞かされ、

母と二人で歩いた夜の帰路を

僕は思い出した。

さらにその思い出が別の思い出に結びつき、

仲が良かった同級生が転校して、

もう引っ越し終えて誰もいなくなった友人の家を

見にいった帰りの夜の道のりを思い出した。

いつだって、寂しい夜には雨が降っていた。

みんなどこへ行くんだろう?

そして一体どこへ辿り着いたんだろう?

…………………。

僕はまだ帰らない。

しばらく闇を歩くつもりだ。

一体、僕はどこに辿りつくというのか?

………できればこのまま、

夜に溶けてしまいたいんだ。












posted by kodds at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

「もう少し待ってね」と二回言った

ハローワークからの帰り、

真昼の新宿のオフィス街で、

サラリーマンの集団に

のみこまれる。

一人だけ、私服の僕は

なんか居心地が悪い。

聞こえてくる会話は昼飯は何にするかってことと、

仕事が大変だってことだ。

休職中の僕はなおさら居心地が悪くなり、

申し訳ないなという気持ちにもなる。

エアポケットに落ちこんだような、

今の僕の生活。

だがきっと、あと何ヶ月かすれば、

こんな日々があったことも忘れて、

僕は仕事に打ちこんでいることだろう。

それでも、

花を見て綺麗だとか、

笑顔を見て幸せだとか、

そういうことを思う気持ちだけは

失わないようにしないとね。

そういうことを教えてくれたのが、

今のこの生活だから。

あとちょっとで僕は僕になれる、だから……。

やがてはぐれ、小さくなっていくサラリーマンの集団の背中を、

少し見送って、

それからボソッと呟いて、

僕は駅に向かって歩きだした。













posted by kodds at 18:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

僕らの毎日

ゴールデンな休日が終わって、

気がつけばまた日常。

結局、誰とも何の予定もないまま

終わってしまったゴールデン。

休職中の僕と、連休の喜びを一緒に

味わおうなんて人もそりゃいないか。

……喫茶店でコーヒーを飲んでいると、

隣の席でサラリーマン風の男性二人が

何やらぼやいている。

「連休が終わって、また日常に戻っちゃったなー」

……日常。

そうだ。日常に僕らは生きている。

いつのまにか僕らの側にいて、

気がついたら全ての中心になっていた日常。

そんなに好きでもないが、

そこまで嫌いでもない日常。

僕の日常はとても誇れたものではないが、

それでも僕はしばらくこの日常と、

時々ケンカをしたりしながらも

仲良くしないといけないのだろう。

夜、そんなことを思いながら電気を消して、

布団にもぐりこんだ。

明日も日常。

きっとまた今日と似たようなやつだ。

そして、それは当分続くだろう。

わかっているよ。

でも僕は、

子供のころによくやっていたように、

腕を天井に伸ばし、

手を組んで、

きっといるはずの何者かに

僕は祈った。

「明日はきっと素晴しい日でありますように……」







posted by kodds at 19:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://www.1blogrank.com/toplist/in.cgi?id=skys

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。