2008年07月21日

さよならじゃない

三連休の初日の土曜日、

楽しそうに通り過ぎる子供達を尻目に、

僕は埼玉でガードマンの仕事に励んでいた。

燃える太陽の下、

暑さは体力を容赦なく奪っていく。

止めどない汗が視界をさえぎり、

立っているのもやっとの状態だ。

そんな朝に小さな事件が起こった。

ガンジーさんがトラックを誘導中に、

足をタイヤで踏まれてしまったのだ。

幸運にも大した怪我などなく、

痛みもそこまでないらしいが、

大事をとってガンジーさんは早退して病院に行くことになった。

「ごめんね……。一人にさせちゃって……」

ガンジーさんは子犬のような瞳で

悲しそうに僕にそう言うと、

トボトボと病院に向かった。

事故は小さなものだったが、

騒ぎは大きなものになってしまった。

事故が起きた瞬間、

僕は心配よりも先に、

「何やってるんですか!」

とガンジーさんに叫んでしまった。

暑さのせいか、僕はめずらしくイライラしていたみたいだ。

やがて僕の声を聞いた人達が集まってきた。

ガンジーさんは、

「大丈夫。大丈夫」

と周囲の人達に微笑んでいた……。

結局その日、

僕は一人で昼食を食べ、

一人で夕方まで働いた。

もともとは二人でやっとこなせる現場だ。

僕はクタクタに疲れてしまった。

……次の日、

現場にガンジーさんの姿はなかった。

会社に電話をしてみたところ、

「悪いけど、とりあえず今日までは一人でやってくれないかな?」

とのことだった。

ガンジーさんの説明については何もなかった。

僕は電話を終えた後、

ため息を吐き、

一人で働くつらさを思い、肩を落とした。

……午前が過ぎ、

昼食を終え、

事務所にゴミの入った袋を持って行こうとしている僕の背後から、

不意に現場の監督者が声をかけてきた。

「あのさ、キミちょっといいかな?」

監督者は額に流れる汗を拭いていた。

「あのさ……昨日、弁当のゴミを分別してなかったでしょ?

 ダメだよ。ちゃんとしないと。

 それに、最後の掃除も昨日はしなかったでしょ?

 いつものようにちゃんとやらないと……」

僕は事態が呑み込めずに

「はあ……」

と、とりあえず答えた。

監督者がいなくなった後、

僕は分別するために

ゴミの入った袋を開けながら考えていた。

僕はいつも弁当を食べた後、

ゴミをそのまま袋に入れて、

その場所に置いたまま

喫煙所へと向かっていた。

ガンジーさんがいつも

「僕のといっしょに捨てておくから、置いといていいよ」

と言ってくれたからだ。

しかし、昨日はガンジーさんがいないから、

自分で袋にまとめたゴミを事務所に持って行って捨てた。

だが、それで分別が出来ていないというのなら、

……今まではガンジーさんが、

僕のゴミの袋を開けて、

分別してから捨ててくれていたということか?

それに僕は最後の掃除なんてものを知らなかった。

いつも僕は労働時間を終えれば、

喫煙所で煙草を吸い、

それから着替えて帰宅していた。

ということは、

今までは僕が煙草を吸っている間に、

ガンジーさんが一人で掃除をしてくれていたということか?

僕はゴミを分別しながら、

ガンジーさんが事故を起こした昨日、

もっと優しい言葉をかけるべきだったと後悔し、

そして明日、会った時にあやまろうと思った……。

……それから次の日の今日、

また現場にはガンジーさんの姿はなかった……。

僕は嫌な予感を感じつつ、会社に電話をした。

何度かコールした後、

もしもし、という相手に対して僕はこう言った。

「あの……◯◯ですけど、今日も僕は一人なんですか?……」

すると電話の向こうで相手はこう言った。

「ああ!◯◯くん!大丈夫だよ!

 あのね、今日からそこの現場には

 いつもの人の変わりに

 別の人が行くことになったから!

 今度の人は若いし、

 仕事もできるから、

 ◯◯くんとは気が合うと思うよ!

 とりあえず一時間後に

 そこの現場につくから、

 仲良くしてね!」

僕は驚いた。

内容を理解するのに少し時間が必要だった。

それから少しして僕はこう言った。

「……あの……ガンジー、いや、

 ◯◯さんは……どうなっちゃったんですか?」

すると、向こうは少し間を置いた後、

ゆっくりとこう言った。

「ああ、◯◯さんね……。あの人はミスが多すぎるから、

 別の現場に行ってもらうことになったよ……。

 そっちの現場の人達からクレームがきてね……。

 もっと若くて、仕事の出来る人にしてくれってさ。

 足は別に問題なかったみたいだけどね……

 だから◯◯さんは今日から練馬の現場にいるよ」

…………それからどんな会話をしたかは覚えていない。

……………………………………………。

一時間ほどして現場に来た新しいガードマンは、

サーフィンが似合いそうな色黒の好青年だった。

彼は確かに仕事が出来た。

ユーモアもあり、

昼になる頃には、

現場の人達と笑いあうほどに打ちとけていた。

ガンジーさんや僕とはえらい違いだ。

……昼食を終えて、

僕と彼は日陰で休んでいた。

彼は僕を見てこう言った。

「◯◯くんはおとなしいね。無口なのかい?」

僕は「あまり、お喋りは得意じゃないんだ……」と答えた。

すると彼はジロジロと僕を見て、それからこう言った。

「なあ、ギャンブルはやるのかい?」

「……いや、やらない」

「女遊びとかはやるのかい?」

「……いや、やったことない」

「じゃあ、殺したい芸能人とかいる?」

「……いない」

すると彼はため息を吐き、

それから笑いながらこう言った。

「ねえ、◯◯くんは最近、どんなことに興味あるのかな?」

僕はしばらく考えて、それからこう答えた。

「……トビとか……」

すると彼は立ち上がった。

「何?トビ?トビだって?あの、空を飛んでいるトビかい?

 ははは!◯◯くんは変わってるね!

 はははははは!

 まあいいや!

 俺はとりあえず、煙草でも吸いに行ってくるよ!」

そう言い終えると、彼は笑いながら喫煙所へと歩き出した。

………………………。

僕は彼の残したゴミの分別を終え、

高すぎる夏の空を見ながら

ガンジーさんを想った。

もうすぐ、約束の期間が経つから、

僕はガードマンの仕事を終えることになる。

そうなれば僕は練馬のガンジーさんにあやまりに行くんだ。

きっとガンジーさんは

練馬でも相変わらず、

ミスをして怒られながらも、

笑顔を浮かべて誠実に働いているはずだ。

燃える日差しを受けながら、

愚痴一つ言わずに、

陰ながら誰かの力になっているはずなんだ。

きっと僕が練馬に行って、

「……今までごめんなさい。

 そして今までありがとうございました」

とか照れながら言っても、

あのガンジーさんのことだから、

いつもみたいに

子犬のような目で

優しく僕を見つめながら

「全然気にしてないよ。それよりこちらこそありがとね」

とか顔を近づけて言うに決まっている。

絶対にそうだ。

僕にはわかっているんだ。












 






posted by kodds at 21:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの日、あのときにこぼれてしまった言葉…

いくら後悔しても、もう飲み込めない。

でも、まだ赦しの可能性が残っているのなら、
あの人のもとへ駆けて行きたい。
笑顔が待っていることを信じながら。


ガンジーさんの笑顔には出会えたましたか?
Posted by 夜羽 at 2008年07月21日 23:44
うわ〜〜っ、寂しッ!
ガンジーさん、新しい職場で
頑張ってはるやろか〜〜?!
近いと見えない事が
距離をおくと
見えてくる事って
ありますよね!
怪我は大した事なくて
良かったけど・・・
ガンジーさん、
心身ともに
早く元気になって欲しいです(^_^;)

Posted by さくら at 2008年07月22日 22:01
その人が居なくなって初めて気づいたって事ぁりますょね〜

見えないところで優しいガンジーさんゎ大好きです〜

でも、それに気づいたkoddsさんゎ素晴らしいと思います〜

また、来ますね〜
Posted by SHIN at 2008年07月23日 23:37
要領が悪いよりは、良い方がいいのですが。。。
でも、人に迷惑を掛けてまで要領よくしたくないですね。
ガンジーさんの優しさは本物でしょう!
年下でも同年齢でも年上でも本物の人とは
なかなか巡り会えないのが人生かもです。

ガンジ−さんからたくさん学べることがあるでしょうね。きっと。。。

素晴らしい日記、有り難うね。
Posted by ドラ at 2008年07月24日 23:02
後悔という言葉は、後になって悔やむな!というメッセージだと、ある人から教えられたことを思い出しました。
離れてから良さが分かるのは良くあること(と、僕は思っているのです)が、それも、何らかの形でいい方に捉えたいですね。
koddsさんとガンジーさんには、とても大きな勇気を頂きました。
Posted by 朱鷺 at 2008年07月28日 23:52
ありきたりな感想ですが、ガンジーさん良い方ですね

ガンジーさんはものすごい努力家ですよね。
自分が頑張ってるとちょっと人に言いたくなって、「俺これだけ頑張ってるんだぁ」ってつい言ってしまいますが、それを言ったらどんな努力も価値が下がってしまいます。
人に言わず、人知れず頑張る。そんなガンジーさんは真の努力家であると僕は思います

そしてそんなガンジーさんの優しさや努力に気づけたkoddsさんが他の人にもやってあげることでガンジーさんへの思いは消えることが無いであろうことも……
Posted by テト at 2008年07月29日 00:17
mixiではHN「みみ」です♪
さびれた私のmixiにコメントを下さり
ありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ

日記、読ませて頂いて
切なくなりました。
koddsさんの気持ちはガンジーさんに届いているはず!
そう信じたいです。。
Posted by とうふ at 2008年07月31日 11:14
お久しぶりに覘かせていただきました。
ガンジーさんに逢えて良かったですね。

モンパチの歌の出だしで、

人に優しくされた時
自分の小ささを知りました

というのを思い出しました。

生かされていることや、幸せや、
当たり前のことに気づかなくなる
慣れって怖いですね。

ガンジーさんはkoddsさんの人生の中で
大切な人になるでしょうね。
Posted by びっけ at 2008年08月31日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
http://www.1blogrank.com/toplist/in.cgi?id=skys
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。